包茎が恥ずかしい!病院での治療で悩みは解決


包茎とは一体なんなのか

包茎とは勃起状態ではない通常の状態で亀頭が皮膚に覆いかぶされている状態のことを言います。幼少期では誰もが亀頭と包皮がくっついている状態ですが大人になっても亀頭と包皮の癒着が取れず勃起時にも亀頭が包皮に包まれ露出しない分不衛生な状態で病気にかかることもあります。また、包茎には種類があり仮性包茎・嵌頓包茎・真性包茎の3つに分かれますがどれも治療により治すことが可能なので不衛生で病気にならないようできるだけ治療をしたほうがいいでしょう。

包茎のデメリットとは

包茎は病気ではないので必ず治療を行う必要はありませんがいくつかデメリットがあります。包皮に毛がはさまり痛かったりコンドームがつけにくかったり温泉などで恥ずかしくコンプレックスになってしまうことなど、人それぞれ悩みやデメリットを持っているはずです。包茎を気にせず日常生活で全く不便のない方もいるので治療するか否かは個人それぞれの分かれます。デメリットに感じた方は治療時間も短く命にかかわる手術ではないので安心して治療を行ってくださいね!

治療後の処置・対応も大事

治療をしてそのまま放置していると衛生状態が保たれず病気になる可能性があるので、治療後も医師のアドバイスをしっかりと聞き実施することで衛生状態が保たれ病気になることもありません。治療後はできるだけ過度の運動を避けたりシャワーやお風呂などではお湯につけることがないよう気を付けなければいけません。また、性行為は約1カ月ほど経ってからが好ましく、処置を行って1カ月以内に性行為をしてしまうと傷つけてしまう可能性があるので気を付けてくださいね。

包茎とは、通常時ではなく、勃起時に亀頭部分が包皮に包まれていて露出できないか、あるいは露出に痛みが伴うなどの問題がある状態を指します。